〇〇にいってみた!

立石にある「カフェ・ガーデン」にいってみた

東京都葛飾区といえば、風情あふれる下町の中の下町。フーテンの寅さんや両さんの街としても有名ですが、今回はそんな街にちょっと珍しい、「カフェ・ガーデン」をご紹介します。

葛飾にある立石という街

カフェがあるのは、葛飾区立石。最近では「せんべろの街」(1000円でべろべろに酔える街)としても人気を博しているようで、確かに駅から伸びる商店街には昭和の雰囲気が漂っています。

そんな中に突如として現れる洋風建築。それが今回ご紹介する「カフェ・ガーデン」です。ガーデンの名の通り、道路沿いにはテラス席。大きな窓が開け放たれた店内は風通しがよく、地中海を思わせるインテリアは、まるでヨーロッパのプチホテルみたいに素敵。

窯焼きピッツァと焼きたてパンのお店

この日私がいただいたのはパンケーキとコーヒーのセット(680円)。もし人数が多ければ、窯焼きピッツァがおいしそう。そして店頭に並ぶ焼きたてパンはテイクアウトも可能です。ついついいろいろ買いたくなるけど、値段だけは手頃な下町価格。もしも家の近所にあったら、毎日立ち寄ってしまいそう。

店内にあふれるオーナーの感性

さて、こちらの店がオープンしたのは今から20年ほど前のこと。店のコンセプトからメニュー、そしてインテリアに至るまで、全てオーナー自らが勉強し、自ら手がけたんだそう。何から何まで素敵で、驚くほどのクオリティです!

何が彼女に、そこまでの情熱を注がせたのか。興味本位で聞いてみると、どうやらその秘密は、「DNA」にありそう。それを教えてくださったのが、この日店頭に立っていたオーナーのお母さま。実はお母さま自身が、かつて純喫茶を経営していたんだとか。喫茶店の務めは、お客さまに居心地の良い時間を提供すること。つまり喫茶店を実家とする原体験が、やがて娘さんにもカフェ経営の道を進ませたということです。

家族で作る温かい空間

親から子へ受け継がれたカフェ経営というバトン。居心地の良い空間と味へのこだわりは、純喫茶からカフェへと名前を変えても、脈々と受け継がれるもののようですね。

立石にある「カフェ・ガーデン」。下町散歩のついでに、あなたも足を運んでみては?

カフェ・ガーデン
代表者 浜名 美佐さま
所在地 〒124-0012 東京都葛飾区立石6丁目18-2
最寄駅 京成立石駅より徒歩7分
TEL 03-3694-9022
WEBなし
営業時間 9:00~19:00
定休日 日曜日

関連記事

  1. 中野新橋にある「TRICHROMATIC COFFEE」に行って…
  2. 本八幡にある「アンジュールカフェ」に行ってみた
  3. 祖師ヶ谷大蔵のアトリエそら豆に行ってみた
  4. 志茂のCafe ALAmiに行ってみた
  5. 新富町にある「白檀」に行ってみた
  6. 西八王子にある「森のお茶カフェ れむらりす」にいってみた
  7. 清澄白河にある「Kuudle cafe」に行ってみた
  8. 本郷三丁目にある「カムリエ」に行ってみた

ピックアップ記事

  1. SHIBACOFFEE店主 柴田剛さん
  2. CafeOREOでのランチセットサラダ
PAGE TOP