〇〇にいってみた!

早稲田のCafe GOTOに行ってみた

歴史のある学生街には、名物の喫茶店がつきものです。「私学の雄」とも言われる早稲田大学は創立が1882年。130年以上の歴史がある大学です。キャンパスが集中する早稲田駅のすぐそばに、学生や教授たちに愛され続ける喫茶店があります。今日は、早稲田を代表する喫茶店「Cafe GOTO」をご紹介します。

学生や大学関係者に愛されて27年

東西線早稲田駅で下車して地上に上がり、たったの徒歩1分。ビルの2階に「Cafe GOTO」があります。お店に入ると、いきなりホールケーキが陳列されたショーケースが目に飛び込んできます。店内は照明が若干控えめで、歴史を感じる木目調の床に、アンティークなインテリア。土地柄、学生や大学関係者の割合が多いですが、キャイキャイした雰囲気というよりも、じっくり本を読んだり、ゼミ生たちが集まってディスカッションをしていたりと、落ち着いた雰囲気です。

ホールケーキはすべてマスターの手作り

こちらのお店のウリは何と言っても手作りのケーキ。ベイクドチーズケーキやタルトケーキなど、マスターが毎日お店で作っています。複数台のオーブンを使って繰り返し焼いているので、マスターは常に大忙し。キッチン周りには、ケーキに使われる果物や、焼き立てで予熱を冷ましているホールなどが常に並べられていて、店内を甘い香りで満たしています。

お気に入りのあんずのフラン

一番人気はチーズケーキとのことですが、この日は「あんずのフラン」(480円)とシナモンミルクティー(600円)を注文しました。実は筆者は早稲田大学の出身。この「あんずのフラン」が大好きで、何度もお店に通ったものです。10年ぶりにいただきましたが、ふんだんに使われたあんずの甘酢っぱさと、どっしりとしてコクのある生地の相性が最高です。

学生たちの歴史がつまったお店

ホールケーキや果物が積み上げられたGOTOのカウンターには、ものすごい数の絵葉書が貼られています。実はこれ、GOTOを愛した常連さんやアルバイトさんたちが旅先からマスターに送った絵葉書だそうです。早稲田には好奇心旺盛な学生がたくさんいます。絵葉書も、ヨーロッパ、アジア、アメリカ……世界各国から送られてきています。すでに古びて茶色く変色したものも多数。27年の歴史を感じます。
「卒業生が何年もしてお店を尋ねてくることもありますね。この前なんか親子でやってきたお客さんがいて、聞くとお父さんがお店の元常連の早大生。で、今年お子さんが早稲田に入学したというのです。そういうときは歴史を感じますよね。」とマスターの後藤さん。
マスター、これからも学生や卒業生にとって、良き居場所であり続けてくださいね。

Cafe GOTO
代表者 後藤 進さま
所在地 〒162-0045 東京都新宿区馬場下町7-3 林ビル2F
最寄駅 東京メトロ早稲田駅から徒歩1分
TEL 03-3207-9868
WEB www.ne.jp/asahi/cafe/goto/index.htm
営業時間 10:00~21:50
定休日 日祝日

関連記事

  1. CafeOREOでのランチセットサラダ センター南にあるcafe OREOにいってみた!
  2. 神泉にある「Cafe Bleu」に行ってみた
  3. 祖師ヶ谷大蔵のオレンジカウンティに行ってみた
  4. 奄美大島の夢紅に行ってみた
  5. あざみ野にある「Blendia」に行ってみた
  6. 月島にある「パティスリーハット」に行ってみた
  7. 赤羽橋にある「ザブトン」に行ってみた
  8. 本八幡にある「アンジュールカフェ」に行ってみた

ピックアップ記事

  1. caffe LOCASAさん ショップロゴ
  2. CafeOREOでのランチセットサラダ
PAGE TOP