〇〇にいってみた!

新小岩のミコンフィンランドショップに行ってみた

「ねぇ! ムーミン」と思わず呼びかけたくなる大きな森の妖精が、椅子に座ってあなたが来るのを待っています。ここは新小岩にあるフィンランド専門店「ミコンフィンランドショップ」。ひょんなことから日本とフィンランドの架け橋になったオーナーが仲間たちと切り盛りする、フィンランドづくしのお店です。

買って、作って、食べて、しゃべって!

こちらのお店はただのカフェではありません。もともとはネットショップの運営から始めたオーナーが、単にものを売るだけではなく、フィンランドのことをもっと体験してもらったり味わったりしてもらえる場があると良いと思って始めたショップ兼カフェなのです。フィンランドの料理や裁縫が学べるワークショップも頻繁に開催していて、この日は午前中がフィンランド人のソウルフード「カレリアパイ」作りのお教室。午後がフィンランドのバッグを作るお教室と、盛り沢山です。HPを見て遠方から初めて来たという生徒さんもいました。

フィンランドの家庭料理

さて、いよいよお楽しみのランチです。この日はフィンランドの家庭料理、ミートボールプレート(1000円)とチョコミントフレーバーのコーヒーを注文しました。ポテトは日本でいうところのご飯の代わり。ほくほくのポテトをフォークで潰してミートボールと一緒に頂きます。日本のミートボールよりも優しいお味で満たされます。チョコミントのコーヒーというのも変わっていますよね。実はフィンランドって、世界でも一二を争うコーヒー消費国なんです。フィンランド人は、お友達になるとすぐにおうちのお茶会に呼んでくれるのだそう。のんびりソファーに座ってコーヒーを飲みながらおしゃべりして。そんな時間を大切にしている国なんだそうです。しかもそんなリビングには、イーッタラやマリメッコが普段使いとして並べられているのだそう。フィンランド人は自国の文化が大好きで、積極的に国産のものを暮らしにとりいれるのだとか。

間違ってフィンランドに行ったのに架け橋に

30年前、交換留学で初めてフィンランドに行ったというオーナー。実はもともとカナダに行きたかったのに、おさえで「ニュージーランド」と書くところを間違って「フィンランド」と書いてしまい、そのまま1年間もフィンランドへ。当時はまだ日本国内での北欧諸国の認知度も低く、どんな国かも想像できないまま怯えて行ったフィンランドで、人々は優しく彼女を受け入れてくれたそうです。その時の体験がきっかけとなって1999年からネットショップを開業。「交換留学のときに使命として言われたのが、日本の文化を海外に伝え、海外の文化を日本に伝えることだったんですよね。なので、無意識のうちに私は留学生としての使命を果たしているとも言えますよね」とオーナー。

一流ブランドから地ビールまで

ネットショップと実店舗とでフィンランドグッズを販売するこちらのお店。イーッタラやマリメッコ、ムーミングッズなど、王道のフィンランドブランドが手に入るだけでなく、「KARHU(クマ)」という名のビールや、フィンランド人が大好きな各種コーヒー、子供のおもちゃ、雑貨など、あらゆるものが購入できます。お買い物でもワークショップでもお食事でも、フィンランドに関心があればいろいろな楽しみ方ができるお店です。ぜひいらっしゃってくださいね。

ミコンフィンランドショップ
代表者 宮脇 路子さま
所在地 〒 124-0025 東京都葛飾区西新小岩4-14-16-102
最寄駅 JR総武線「新小岩」駅より徒歩10分
TEL 03-5670-7500 
WEB mift.net/
定休日 不定休 HPのカレンダーをご確認ください

関連記事

  1. 中延にある「コーヒーチェリー」に行ってみた
  2. 早稲田のCafe GOTOに行ってみた
  3. お台場のseaside cafe SOLARiSに行ってみた
  4. 宝町にある「パンドラ」に行ってみた
  5. 木場公園にある「Cafe&Bar Field」に行ってみ…
  6. 池袋にある「世界のおやつ」に行ってみた
  7. 門前仲町にある「ディデアン」に行ってみた
  8. 原宿のレボンゴレに行ってみた

ピックアップ記事

  1. caffe LOCASAさん ショップロゴ
PAGE TOP