〇〇にいってみた!

押上にある「しげの珈琲工房」に行ってみた

「押上」と聞いてもピンと来ないかもしれません。では「東京スカイツリー」ならどうでしょう? 2012年に開業して今年で5周年の「東京スカイツリー」。この足元に、とっても親しみやすい“コーヒーの先生”がいました。

立地が最高なのに穴場でステキなカフェ、あります

押上駅から徒歩2分、東京スカイツリーから徒歩1分。しかも浅草通り沿い。こんな好立地な場所で突然コーヒーが飲みたくなっても、「どうせ、どこも満席で入れないんじゃない?」と思いますよね。でも、ちゃんとあるんです、飛び切りステキな穴場カフェ。

浅草通りから少し裏路地に入った静かな住宅地。この中に、「しげの珈琲工房」があります。お店はカウンターのみで5席。一見入りづらく感じるかもしれませんが、そんなことはありません! 気さくでお話好きなマスターが笑顔で迎え入れてくれます。

厳選されたコーヒー豆と茶葉の中から、お好みで注文!

お店の壁にはコーヒー豆と茶葉が整然と並んでいます。この中から、その日の気分や好みでオーダーします。ラベルには苦みのレベルやロースト方法が書かれていますが、迷ったらマスターに聞きましょう。おススメの一杯を選んでくれます。

「すみだモダン」ブランド認証のコーヒー

この日は「珈琲のみくらべ」(800円)と「今日のお菓子」(550円)を注文。
実はこの「珈琲のみくらべ」、「すみだ地域ブランド推進協議会」が「あたらしくある。なつかしくある。」をコンセプトに認定している「すみだモダンブランド」にも認証されたメニュー。

2つ選べるとのことで、まずは一番人気であり看板メニューの「しげの ブレンド」を注文。それに合わせるとしたらどれがいいかとマスターに伺い、「マンデリン ビンタン リマ」のシティローストをチョイスしてもらいました。

お酒ならともかく、コーヒーの「のみくらべ」って珍しいですよね。これもマスターのやさしさ。実はマスター、テレビで「コーヒーの淹れ方の先生」として紹介されたこともあるこの道のプロ。そんなマスターのコーヒーの味を学ぼうと店に来る人も多いそうで、いろいろ試せるように「のみくらべ」を始めたのだとか。

あなどれない「今日のお菓子」

コーヒーのお供に頼んだ「本日のお菓子」。何種類かあって、この日は「和風パフェ」を選択。コーヒーの苦みと相まって、相性抜群でした。

カウンター席のみなので、すべての作業が目の前で行われます。挽かれた豆の香り、お湯を注がれたコーヒー豆のふくらみ、チョロチョロと滴る音、すべて楽しめます。しあわせのひとときです。

マスターはとにかく親しみやすく、お話上手な方です。コーヒーの玄人さんはもちろん、「豆の種類とかわからない!」という方も、マスターが楽しく教えてくれます。コーヒー好きなら、一度はぜひ行ってみてほしいお店。絶賛おススメです!

しげの珈琲工房
代表者 峯岸 繁和さま
所在地 〒 130-0002 東京都 墨田区業平2-11-4
最寄駅 東京メトロ半蔵門線 押上駅
TEL 03-6658-8420
WEB http://r.goope.jp/shigenocoffee
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週水曜日

関連記事

  1. 浅草にある「気ままなキッチン」に行ってみた
  2. 荒川にある「はしもと珈琲」に行ってみた
  3. 用賀にある「ビーンズ・デポ」に行ってみた
  4. 中延にある「コーヒーチェリー」に行ってみた
  5. 椎名町にある「シーナと一平」に行ってみた
  6. 逗子にある「カフェ ラ・シャット・ロンロン」に行ってみた
  7. 御徒町にある「天・テラス」に行ってみた
  8. 勝どきにある「アエル」に行ってみた

ピックアップ記事

PAGE TOP