〇〇にいってみた!

本郷三丁目にある「FARO Coffee & Catering」に行ってみた

2020年の東京オリンピックに向け、都心では開発ラッシュが続いています。新しい建物が次々と増えていく中、逆に、明治、大正、昭和といった古い匂いを残す建物に、懐かしさを覚えることはありませんか?

古いビルにある新しいカフェ

今回ご紹介する「FARO Coffee & Catering」は、都心でも昔ながらの街並みを多く残す、文京区本郷にあるカフェです。関東大震災の翌年(大正13年)に建てられた、古いビルに昨年オープン。地元では早くも人気を博しているようです。

階段の先は別世界

カフェがあるのはそんなビルの2階。階段を昇ると、古い建物だけに足音がギシギシと聞こえます。文化財や寺社仏閣でも訪れなければ、日常的には聞くことの少ないこんな音。これから出会う空間へのワクワク感が、否が応でも高まります。

階段を昇りきり、扉を開けてみると、そこはとっても素敵なカフェでした。広々とした空間に自然光の入る大きな窓。打ちっぱなしの壁もスタイリッシュで、ビルそのもののレトロ感とは、良い意味でギャップがありました。

カウンターや本棚には、自由に広げられるデザイン系の洋書がたくさん。実はこちら、「FARO Design」というデザイン会社のオフィスと隣接しており、代表の大谷さんは元デザイナー。今回もそちらとの縁で、ここに開業することになったのだとか。どうりで格好いいはずです。

メニューは意外と家庭的

今回私がいただいたのは、チキンのカレーライス(980円)とハートランドビール(500円)。具材がじっくり煮込まれ溶けきったような味と、店内の開放的な雰囲気とに、昼間ですが飲酒してしまいました。営業時間も長いので、昼はコーヒー、夜はビールと、幅広く楽しむことができます。

フードに関するお店のこだわりは、「毎日違うものを作る」をコンセプトにした日替わりメニュー。素敵な空間に似合う素敵なカフェごはんばかりかと思いきや、あるときは「豚汁」、あるときは「あら汁」と、こちらも意外に家庭的な味が、幅広く楽しめそうです。

レトロの中にある非日常

カフェを好む多くの人は、そこに非日常的な価値を求めているもの。自宅では味わえないような空間に、スタイリッシュなカフェごはん。もちろんそれも良いのですが、古くからある建物に残るレトロな雰囲気や、そんな中で味わう家庭的な味も、新しい非日常のエッセンスとして、加えてみてはいかがでしょうか。

FARO Coffee & Catering
代表者 大谷 知帆さま
所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷2-39-7 エチソウビル 2F
最寄駅 地下鉄本郷三丁目駅徒歩1分
TEL 03-6240-0287
WEB FARO Coffee & Catering
営業時間 [月~土] 11:00~22:00  [日祝] 11:00~18:00
定休日 なし

関連記事

  1. 四谷にある「四八珈琲」に行ってみた
  2. 西八王子にある「森のお茶カフェ れむらりす」にいってみた
  3. 藤沢にある「もるげん珈琲」に行ってみた
  4. 本郷三丁目の洋食屋 せんごくに行ってみた
  5. 門前仲町にある「ディデアン」に行ってみた
  6. 茅場町にある「ターBOU」に行ってみた
  7. 金町にある「純喫茶アラスカ」にいってみた
  8. 大山にある「SonRiseCafe」に行ってみた

ピックアップ記事

  1. もるげん珈琲の鵜野 靖史さま、菅泉 章良さま
  2. Home made sweets akiko’s fieldさんのクッキー
  3. CafeOREOでのランチセットサラダ
PAGE TOP