〇〇にいってみた!

築地にある「Felt」に行ってみた

築地と言えば魚! と思う方も多いでしょうが、もちろん美味しいコーヒーだってあります。今回ご紹介するのは、築地の中でも東側、築地本願寺に近いエリアにあるカフェ「Felt」さんです。地元の人が愛してやまない、ぬくもり溢れるカフェをご紹介します。

電源・Wi-Fi完備のカフェ

大通りからも離れた静かな住宅街。手づくり感あふれるテイクアウト用の木製カウンターと、軒先を彩る鉢植え。店内に入ると、優しい笑顔のオーナーが、コーヒーの香りと共に出迎えてくれます。スローライフな雰囲気のカフェですが、Wi-Fiと電源は完備。築地という立地から、てっきり外国人観光客対策かと思いきや、さすがにこの辺りまでは観光客も来ないとか。「その変わり、電源が使えるということで会社員のお客さんがパソコンを持っていらっしゃることもありますね。」と、オーナー。

地元の地名を付けたコーヒーと自慢のシフォンケーキ

Feltの特徴のひとつは、地元の地名を拝借したオリジナルブレンド。看板メニューのFeltブレンドの他、築地ブレンド、豊洲ブレンド、銀座ブレンドと、周辺の地名が続きます。それぞれのブレンドの割合やネーミングの理由は、ぜひお店に足を運んで聞いてみてください。この日は築地ブレンドにおススメのシフォンケーキを添えて。シフォンケーキは毎朝お店で焼いているそうです。クリームなどが添えられていない分、シフォンケーキ自体にしっかり甘みがあって絶品。

人が集う”場”の提供

こちらのカフェ、2Fはギャラリーになっていて、様々なイベントが開催されるそうです。たとえばクラフトワーク、写真展。この日は「親族の介護に向き合う家族のためのセミナー」を開催していました。ひっきりなしに人が出入りしています。いつの間にか、1Fのカフェスペースも満席になり、お客さん同士が談笑を始め、アットホームな雰囲気が流れます。

お客とオーナーの関係を超えた一体感

お客さんは地元の常連さん中心。子供が習い事に行っている間に一息つくお母さん、ご近所にお住いのご夫婦、パート帰りの女性、お散歩途中のおばあさん。オーナーとお客が顔見知りなのはもちろん、お客同士も名前で呼び合うほど親しい仲。そしてみなさん、はじめて来た人にも優しい。この日も、私が店内で写真を撮っていると、「私も撮ろうかしら!」と仲間同士で写真を撮り始めたり、ポーズを決めてくれたり。まるで大きなファミリーのような、温かいカフェでした。

Felt
代表者 西尾 寛 さま
所在地 〒 104-0045 東京都中央区築地7-16-1
最寄駅 日比谷線 築地駅より徒歩5分
TEL 03-6228-4887
WEB tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13182607/
営業時間 8:00〜17:00
定休日 毎週日曜日

関連記事

  1. 荒川にある「はしもと珈琲」に行ってみた
  2. 渋谷にある「BOOK LAB TOKYO」に行ってみた
  3. 月島にある「パティスリーハット」に行ってみた
  4. 祖師ヶ谷大蔵のオレンジカウンティに行ってみた
  5. 新富町にある「白檀」に行ってみた
  6. 金町にある「純喫茶アラスカ」にいってみた
  7. 清澄白河にある「Kuudle cafe」に行ってみた
  8. 鶴川にある「ミッレペルラ」に行ってみた

ピックアップ記事

  1. caffe LOCASAさん ショップロゴ
PAGE TOP