未分類

北千住にある「スロージェットコーヒー」に行ってみた

北千住の駅から住宅街を抜けて南へ。不意に体を揺するような振動が響いてきます。これは……ジャズの生演奏? カフェに向かうはずが道を間違ったのかと思ったら、ふわっとコーヒーの香りもしてきました。北千住の、ステキなカフェをご紹介します。

ガレージを改修して建てられたオシャレなカフェ

今日お邪魔した「スロージェットコーヒー」さんは、北千住駅から徒歩11分、京成本線関谷駅から徒歩9分のところにある、ガレージを改修して建てられたお店です。ガレージの名残はそこかしこにあって、高い天井、打ちっ放しの壁、通りに面した部分は壁がなくオープンカフェになっていて、とにかくスタイリッシュです。お店の前は墨堤通りで、その隣は京成本線。通りに面した席に座ると、眺めもいいし、風も気持ち良いし、気分が上がります。

見た目や雰囲気だけじゃありません。巨大焙煎機と本格コーヒー

店内に入ると、まず目を引くのが金網に囲まれた巨大な焙煎機。元ガレージということで何の違和感もなく店内にありますが、まるで工場のようにスタッフの方がコーヒー豆を焙煎しています。その豆で入れたコーヒーは、店内で美味しくいただけるほか、自宅用やプレゼント用に買うこともできます。
コーヒーへのこだわりはメニューや店名にも現れています。コーヒーメニューのうち、ハンドドリップには「スロー」、エスプレッソには「ジェット」の言葉が。つまり、店名の「スロージェットコーヒー」は、まさにコーヒーのことを指しているんです。

お店の雰囲気も、コーヒーも、フードも◎! 全方位死角なし!

そしてスイーツとフードも充実。パティスリーとコラボレーションしたケーキの他、パニーニなどの軽めのメニューからカレーライスなどガッツリ系まで幅広く網羅。この日はクレープバスケット(418円)とブレンドコーヒー(380円)を注文しました。これが本当においしい。お店のソファーが、これがまた座り心地がよくて、通りの風景を眺めながらのんびりすると、こころが本当に晴れやかになります。かわいいお店のロゴ入りマグカップは購入することも可能です。

ジャズの生演奏、夜はバー。様々な楽しみ方を提案してくれる店

ところで、最初に聞こえたジャズは何だったかというと、北千住にある東京電機大学の学生たちによる生演奏だったのです。月に一回、最終日曜日のお昼から夕方にかけて生演奏を披露しているとのこと。
その他、スロージェットコーヒーは夜になるとバー営業に切り替わります。カフェに、ジャズに、バーにと、様々な顔を見せてくれるカフェ。北千住はリクルート住まいカンパニー(SUUMO)が発表する「穴場だと思う街ランキング2017」でも1位に輝いた注目の街。その街を代表するようなカフェに、ぜひいらしてください。

スロージェットコーヒー
代表者 平山泰行さま
所在地 120-0025 東京都足立区千住東1-29-12
最寄駅 東武伊勢崎線「牛田駅」、京成本線「京成関屋駅」徒歩9分
常磐線・千代田線・日比谷線・東武伊勢崎線・つくばエクスプレス「北千住駅」徒歩11分
TEL 03-3888-8278
WEB slowjetcoffee.com/adachi/
営業時間 7:00~19:30(20:00~22:30はバーとして営業)
定休日 年中無休(バーは日曜定休)

関連記事

  1. 本郷三丁目にある「カムリエ」に行ってみた
  2. 宝町にある「パンドラ」に行ってみた
  3. 国立にある「珈琲ぶん ROASTFACTORY」に行ってみた
  4. 麻布十番にある「ポワンタージュ」に行ってみた
  5. 神泉にある「Cafe Bleu」に行ってみた
  6. 西大島にある「Cafe Koume」に行ってみた
  7. ボクカフェの紹介動画を作ってみました!

ピックアップ記事

  1. コーヒーを淹れる道具たち
  2. SHIBACOFFEE店主 柴田剛さん
  3. Cafe Blanco 井口 直之さま
PAGE TOP