〇〇にいってみた!

千駄木にある「BUS STOP CAFE ol’66」に行ってみた

p1

最近、注目を集めている「谷根千」。TVや雑誌で見ない日はないほどの人気エリアですが、今回はそんな街から「BUS STOP CAFÉ ol’66」(オルシックスティシックス)をご紹介します。

谷根千にある古民家の1階

p2

BUS STOP CAFÉ ol’66は、「谷根千」の「千」こと、文京区千駄木にあるカフェです。名前の通りバス停の真横にあり、辺りには下町の生活感が、少なからず漂っています。レトロな街にしっかり馴染む、「ol’66」の外観は古民家。よく見ると雑貨屋さんのような看板に惹かれ入ってみると、中は予想以上にオシャレでした!

扉の向こうは「古き良きアメリカ」

p3

扉を開けると、まず目に入るのが開放的なカウンター。まるでオシャレなビストロですが、実は店主の早藤さん、元フレンチシェフで、代々木上原にいらっしゃったんだそう。どうりで洗練されています!
古き良きアメリカをイメージしたという店内には、アンティークの雑貨がバランス良く配置され、窓の外を通るバスの姿さえ見えなければ、自分がさっきまで「谷根千」にいたということを忘れてしまうほどです。扉を開けると別世界。日常からのトリップ感といっても、決して大げさではありません。
珍しいビールも取り揃えているので、明るい昼間だけでなく、夜はカフェバーとして、また違う顔が見られそう。

料理の味はカフェ以上!

p4

シェフの営むカフェだけに、フードメニューも充実です。私が注文した「玉子のせミートグラタン」(¥1000)は、フォークを刺した向こう側に、濃厚なミートソースがどっさり。カフェランチに対する期待を良い意味で裏切られる、本格的な味が楽しめます。
そして食後に嬉しいのが、コーヒーによく合う特製デザート(ランチに含まれる)。オリジナルブレンドコーヒー(¥500)はすっきりとした味わいが絶妙で、普段ブラックを飲まない私でも、がぶがぶ飲めてしまいました。このほか、ケーキなどのスイーツももちろん充実。テイクアウトもできるので、谷根千歩きの買い食いにぴったりですね。

カフェで日常からのトリップを

p5

というわけで、わざわざ遠くへ行かなくても、古き良きアメリカを旅した気分になれるカフェ「ol’66」は、カフェらしからぬ本格的な味が気軽に楽しめるところが魅力。皆さんも身近な街に、こんなカフェを探してみてはいかがでしょうか。

BUS STOP CAFÉ ol’66
代表者 早藤さま
所在地 〒113-0022 東京都文京区千駄木3-36-7
最寄駅 地下鉄千代田線千駄木駅エレベーター改札口から徒歩0分
都バス団子坂下停留場から徒歩0分
TEL 03-4296-1662
WEB BUS STOP CAFÉ ol’66(Facebook)
営業時間 11:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 水曜日

関連記事

  1. 鎌倉にある「Cafe610」に行ってみた
  2. 本郷三丁目にある「カムリエ」に行ってみた
  3. 函館のBAY DEERに行ってみた
  4. 武蔵小山にある「トモチェカフェ」に行ってみた
  5. 赤坂にある「ジャローナ」に行ってみた
  6. 麻布台のFirstに行ってみた
  7. 荒川にある「はしもと珈琲」に行ってみた
  8. 志茂のLille farに行ってみた

ピックアップ記事

  1. もるげん珈琲の鵜野 靖史さま、菅泉 章良さま
PAGE TOP