〇〇にいってみた!

清澄白河にある「Kuudle cafe」に行ってみた

「ブルーボトルコーヒー」日本一号店の出店など、近年すっかり「カフェの街」という印象が強くなった清澄白河周辺。ちょっと歩けばカフェにあたる、そんなこの街で、ほのあたたかい、甘い香りの漂うプリンを提供してくれる、ステキなお店に出会いました。

以前から気になっていたスイーツの店

清澄白河駅から規模公園方面に向かって徒歩10分。現在は大規模改修工事中のために閉館している東京都現代美術館の一区画隣にあるのが、今回訪問する「Kuudle cafe」。実は以前から気になっていたお店なんです。というのも、通りに向けられた看板には、おいしそうなフレンチトーストの写真が…。いつか行こうと思っていて、やっと来ることができました!

あったかプリンでほっと一息

もちろんフレンチトーストを頼む気満々だったわけですが、メニューを見ると「あったかプリン」の文字が。プリンなのに暖かいの?? と最初は怪訝な気持ちでいましたが、どんな味か気になって仕方なくなり予定変更。コーヒーとのセット(700円)を注文しました。結果的にこれが大成功! あたたかいプリンの上に、冷えた生クリームを載せたプリンは、熱のおかげで甘い香りがいつも以上に広がります。溶け出した生クリームがプリンやカラメルに絡んで、ほっとする美味しさです。

友達のお母さんが作っているような、優しい手料理

なぜ「あったかプリン」なのか、店長に伺ってみました。なんでも、お子さんがまだ小さかったころ、プリンが大好きなお子さんのために家庭でプリンを作ってあげていたそうです。普通、プリンは出来上がったらしばらく冷蔵庫で冷やすものですが、あまりにプリンが大好きなお子さんは冷えるまで我慢できずにホットのまま食べていたそうです。「あったかい方が甘い香りが広がって好き!」と言っていたそうで、まさに私が感じたほっとする香りは、お子さんのプリン好きによって発見されたものだったのです。スイーツの他にも、ドリンク・ミニデザート付の「週替わりランチ」が人気のこちら。メニューは毎週月曜にブログで発表されているので、是非チェックしてみてください!

ウォールステッカーでおめかししたかわいい店内

そして、こちらの特徴のひとつに壁に貼られたかわいいウォールステッカーがあります。このステッカー、お店で販売しています。元々は店内の装飾用に貼ったそうなのですが、お客さんから「これはどこで買えるの?」と問い合わせが入るようになって、販売も始めたとか。自宅の壁に貼ってみると雰囲気ががらりと変わります。おいしいスイーツを楽しみながら、ウォールステッカー選びも楽しそうですね。

Kuudle café
代表者 塩野 厚子さま
所在地 135-0022 東京都江東区三好4-9-3 1F
最寄駅 清澄白河駅より徒歩10分
TEL 03-5809-8886
WEB kuudle.jimdo.com
営業時間 11:30~19:00
定休日 月曜・火曜に不定期にお休み

関連記事

  1. 月島にある「ビーラインカフェ」に行ってみた
  2. 赤坂にある「ジャローナ」に行ってみた
  3. 祖師ヶ谷大蔵のオレンジカウンティに行ってみた
  4. 志茂のLille farに行ってみた
  5. 本郷三丁目にある「金魚坂」に行ってみた
  6. 宝町にある「パンドラ」に行ってみた
  7. 用賀にある「ビーンズ・デポ」に行ってみた
  8. 千駄木にある「BUS STOP CAFE ol’66…

ピックアップ記事

  1. Home made sweets akiko’s fieldさんのクッキー
PAGE TOP