〇〇にいってみた!

新富町にある「白檀」に行ってみた

新富町の駅を出て、中央区役所の裏側の路地。そこに、知る人ぞ知る、ステキなカフェがあります。ひっそりとしたたたずまい。中には、居心地の良い空間と、おいしいコーヒーとスイーツ。心からのおもてなし。自分だけの「秘密の隠れ家」にぴったりな、そんなカフェをご紹介します。

路地裏に建つ隠れ家的カフェ

今回お邪魔したのは、新富町にある「白檀」さんです。駅からは近いのですが細い路地にあるため、地元の人でもめったに通りかからない静かな場所にあります。アンティーク調な扉が目印です。昼間はカフェ、夜はバーとして営業されています。

小説の世界のような空間

店内に入ると、アンティークで統一された世界観に感激します。全体的にダーク系の色で統一された店内に、木目調の小さなテーブルがいくつかと、ソファー席、それにカウンター席が用意されています。そこに、アンティーク調のシェルフやランプがセンス良く配置され、心地の良い音楽が流れています。親切で気さくなオーナーが出迎えてくれました。

シンプルだけど選び抜かれたメニュー

白檀さんのメニューは至ってシンプルです。数種類のコーヒーや紅茶、軽食、自家製スイーツ。しかしそのすべてに、オーナーのこだわりが見て取れます。この日は深入りコーヒー(500円)と自家製ケーキ(500円)を注文。ケーキは2種類あり、レーズンのマフィンを選びました。添えられた干し葡萄がなんともおしゃれです。

昼はカフェ、夜はバーで思い思いの時間を

夜になると、オーナーが各テーブルにキャンドルをともしてくれます。ここからがバー営業のようですが、引き続きコーヒーもいただけますし、自然派ワインを楽しむもよし。思い思いの時間が過ごせます。この日も、読書をしている人もいれば、PCで作業する人もいれば、オーナーとの会話を楽しむ人もいる…という感じでしたが、お客さんに共通していたのが、みなさんこのお店とオーナーのことが大好きで、すっかり生活の一部になっているということです。大人の秘密の隠れ家、あなたもいらっしゃってみてください。

白檀
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地1-5-4 横谷ビル 1F
最寄駅 有楽町線 新富町駅から徒歩3分
TEL 03-6226-6701
WEB tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13182762/
営業時間 月~金曜日14:00~23:00 / 土曜日14:00~21:00 ※夜はチャージあり
定休日 日曜・祝日

関連記事

  1. 奄美大島の夢紅に行ってみた
  2. 赤羽橋にある「ザブトン」に行ってみた
  3. 湯島のヒヨリ+キッサに行ってみた
  4. 門前仲町にある「ディデアン」に行ってみた
  5. 荒川にある「はしもと珈琲」に行ってみた
  6. 上町にある「ロンアンドメリー」に行ってみた
  7. 押上にある「しげの珈琲工房」に行ってみた
  8. 志茂のCafe ALAmiに行ってみた

ピックアップ記事

PAGE TOP