HowTo

【第1回】 あなたのコーヒの入れ方は?<前編>

HowToでは色々なコーヒーやカフェにまつわる技術や雑学などを取り上げるコーナーです。記念すべき第1回は・・・コーヒーの入れ方について!日本ではペーパードリップやネルドリップ、コーヒーメーカーなどがよく使われていると思いますが実はそれ以外にも様々な方法があるんです!その方法や特徴を紹介したいと思います。

ペーパードリップ

おそらく日本で一番普及している方法です。ペーパードリップの特徴は紙製フィルターが油分や雑味を吸い取ることでさっぱりとした軽い味わいとなることでしょう。またコーヒーが出てくる穴の数に寄って味わいが変ります。そしてドリッパーに直接、粉を入れないためお手入れがカンタンですよね。

サイフォンコーヒー

コーヒーメーカーにサイフォン式と書かれている商品も多いと思います。
ドリップコーヒーはお湯を粉に通すわけですが、サイフォン式は粉をお湯を浸すといった違いがあります。サイフォンコーヒーの特徴はなんといっても味のムラが出にくいことでしょう。そしてサイフォン本体にも様々な形状があり見た目におもしろいこともありコーヒー愛好家の方も楽しめます。

ネルドリップ

この布地のフィルターをお店では見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。ネルドリップはフランネル(起毛したやわらかな織物)でできています。ペーパーフィルターと異なり雑味は吸い取りますが油分は少し残ります。しかし油分のおかげでなめらかで舌触りがよく、コーヒ本来の風味が味わえるでしょう。フィルターの保存方法が少し手間ではありますが美味しいコーヒーを入れるために購入することも良いのではないでしょうか。

今回は日常的に目にすることが多い3種類の特徴をご紹介しました。
次回はちょっと特殊な3種類をご紹介します。

ボクカフェ編集部(山本剛)

投稿者の記事一覧

ボクカフェ編集部の山本 剛です!
目黒川や多摩川沿いをぶらぶらとサイクリングをしていたりします。
いろいろなカフェの情報をどんどん発信していきます!

関連記事

  1. コーヒーを淹れる道具たち 【第2回】 あなたのコーヒの入れ方は?<後編>
  2. 【第5回】コーヒーを使ったメニュー
    その3
  3. 【第4回】コーヒーを使ったメニュー その2
  4. 【第3回】コーヒーを使ったメニュー
    その1

ピックアップ記事

  1. caffe LOCASAさん ショップロゴ
PAGE TOP