〇〇にいってみた!

藤沢にある「もるげん珈琲」に行ってみた

いよいよ春、4月ですね。新年度や新学期の到来で、忙しくしている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな時期だからこそ、まるで家に帰ったみたいにほっと寛げるカフェ、「もるげん珈琲」をご紹介します。

藤沢にある寛ぎの空間

神奈川県藤沢市にあるもるげん珈琲は、藤沢駅から市役所方面へ少し歩いたところにある一軒家カフェ。路地の奥まったところにあるためか、外は賑々しくのぼりが目印になっています。

温かい人柄を感じるカフェ

扉を開けてみると、山小屋のような店内はのびのびとした雰囲気。カフェとしては珍しく、テーブル席より座敷席が広いため、お子さま連れでも安心です。ほっこり家庭的な雰囲気と、ちょっと懐かしい気分になるのは、BGMに流れるビートルズのせいでしょうか。

店のウリは、自家焙煎した豆と、日本バリスタ協会認定のバリスタさんが入れてくれるコーヒー。なのですが、個人的におすすめしたいのはその「温かみ」ある居心地です。

例えばメニュー表を手にすると、手作り感とユーモアがたっぷり。レアチーズケーキ(450円)には「存在自体がレア」というお茶目な紹介文があり、思わず惹かれ注文すると………あいにくこの日は売り切れ。ますます気になる!

窓際に目を移すと、「もるげんノート」なる1冊のノートが置かれています。昭和生まれの人なら昔、古い旅館や喫茶店、はたまた部室なんかで見たことがあるのではないでしょうか。訪れた人が思い思いに書き残すノートにはやはり温かいコメントが並び、こんなところにもまた、オーナーさんの人柄が見えるようです。

もちろん味も大満足

さて、レアチーズケーキの代わりに注文したフォンダンショコラ(450円)ですが、これはこれで素晴らしい逸品でした! 食べかけを撮るのは憚られましたが、見てください、この溶けて中から溢れ出るチョコを! コーヒーは「チョコに合わせて」とマスター自ら選んでくれたアメリカーノ(450円)というエスプレッソ。ブラックで飲むとずっしり苦いですが、チョコと一緒に口にすれば、あら不思議。その甘みと絡み合い、1+1=3以上のおいしさでした!

この味と雰囲気を求めてか、老若男女、さまざまなお客さんが次々と訪れては、スタッフさんも一緒になって談笑する「もるげん珈琲」。温かみ溢れるカフェは、もはやカフェという役割を超え、街のコミュニティにでもなっているようでした。

ほっこり時間を大切に

いかがでしたか? まるで第二の家のように、気軽に通い寛げるカフェ。心が疲れやすい時期だからこそ、こんなカフェで優しさに包まれてみる週末も、悪くないかもしれません。

もるげん珈琲
代表者 鵜野 靖史さま
所在地 〒 251-0052 神奈川県藤沢市藤沢111
最寄駅 藤沢駅北口徒歩2分
TEL 0466-54-7275
WEB もるげん珈琲
営業時間 【平日】8:00~23:30 【土】11:00~23:30 【日・祝】11:00~17:00
定休日 なし

関連記事

  1. 清澄白河にある「Cafe de kousaian」に行ってみた
  2. 祖師ヶ谷大蔵のオレンジカウンティに行ってみた
  3. 西大島にある「Cafe Koume」に行ってみた
  4. 池袋にある「ジャズ喫茶アウル」に行ってみた
  5. 渋谷にある「BOOK LAB TOKYO」に行ってみた
  6. 逗子にある「カフェ ラ・シャット・ロンロン」に行ってみた
  7. 原宿のレボンゴレに行ってみた
  8. 葛西にある「カフェ ル・リアン」に行ってみた

ピックアップ記事

  1. SHIBACOFFEE店主 柴田剛さん
  2. コーヒーを淹れる道具たち
PAGE TOP