〇〇にいってみた!

逗子にある「カフェ ラ・シャット・ロンロン」に行ってみた

最近、猫を特集するTVや雑誌が、増えていると思いませんか? 世間は空前の猫ブーム。猫を飼う人の数が、犬を飼う人の数を超えたともいわれています。そこで今回は、猫好きのオーナーが経営する、猫尽くしのカフェをご紹介します。 

「ロンロン」ってこんな表情

今回ご紹介するのは、神奈川県逗子市にある「カフェ ラ・シャット・ロンロン」。かわいらしい響きですが、フランス語で「猫がごろごろ(気分の良いときに喉を鳴らす音)」という意味なんです。その名の通りロゴマークにも、ご機嫌な表情の猫さんが。

猫への愛が溢れています

お店があるのは、JR逗子駅と京急新逗子駅の間の住宅街。駅前ですが閑静なエリアで、店も奥まったところにあるため、「天然酵母パン」ののぼりが重要な目印となっています。

扉を開けると、早速現れるのが猫! といっても本物ではなく、猫型のクッキーや雑貨などが所狭しと並んでいます。後ろの看板に至っては、オーナー夫妻の愛猫、サクラちゃんがモデルなんだとか。

店内は、フランスのビストロを思わせるシックなインテリア。同じくフランスの絵本やポスターがさりげなく飾られていますが、テーマとなるのはやはり猫! かわいらしい表情の猫を見ていると、こっちもほっこりしてきます。

味の自慢は自家製天然酵母パン

さて、今回私が頂いたのは、自家製酵母パン(250円前後)とコーヒー。厳選した素材から作られ、店内で焼かれる自家製パンは、イートインもテイクアウトも可能。イートインの場合は、このように切って提供してもらえます。

こちら、写真からは伝わりづらいでしょうが、最近食べたパンの中で、最もおいしいパンでした! 天然酵母のせいなのか、ずっしり詰まったパン生地は、中がもちもち、外はカリカリの絶妙な歯ごたえ。更にベリーの酸味とパン生地の甘味とが絡み合い、口の中が良い意味で大忙しになりました。

メニューはほかにもケーキ各種のほか、ディナータイムにはフランス・アルザス地方の郷土料理やワインも味わうことができます。気の置けない人とゆったり過ごすのに最適かもしれません。

人も「ロンロン」になれるかも

いかがでしたか? 自家製パンと猫が自慢の「カフェ ラ・シャット・ロンロン」。ごろごろと喉を鳴らす猫のように、皆さんもご機嫌な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

カフェ ラ・シャット・ロンロン
代表者 伊東 恭子さま
所在地 〒249-0006 神奈川県逗子市逗子2-8-8 ペジーブルマラン1F
最寄駅 京浜急行新逗子駅から徒歩3分
TEL 046-870-5212
WEB カフェ ラ・シャット・ロンロン
営業時間 [火~土]11:00~20:00 [日・祝]11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日 毎週月曜日

関連記事

  1. 早稲田のCafe GOTOに行ってみた
  2. 麻布十番にある「ポワンタージュ」に行ってみた
  3. 茗荷谷にある「Cafe竹早72」に行ってみた
  4. 月島にある「ビーラインカフェ」に行ってみた
  5. 阿佐ヶ谷にある「珈の香」に行ってみた
  6. 葛西にある「カフェ ル・リアン」に行ってみた
  7. 奄美大島の夢紅に行ってみた
  8. 門前仲町にある「ディデアン」に行ってみた

ピックアップ記事

  1. Cafe Blanco 井口 直之さま
  2. コーヒーを淹れる道具たち
PAGE TOP