〇〇にいってみた!

木場公園にある「Cafe&Bar Field」に行ってみた

江東区木場。元々は材木業関連の倉庫や貯木場などが多かったので付いた地名ですが、現在では新木場がその役割を担い、木場は単身者からファミリー層まで幅広い年代に愛される静かで暮らしやす街になっています。その名前を戴いた公園が「木場公園」。緑にあふれ、四季折々の花が咲き、バーベキュー広場やテニス場も有する、23区内にしては広い公園の真向かいにある「Cafe&Bar Field」にやってきました。

ここはハワイか、リゾートか。心地よい空間が待っている!

木場公園と、現在は大規模改装工事のために閉館中の「東京都現代美術館」が並ぶ交差点の真向かいにある「Cafe&Bar Field」。お店に入ってみるとPOPな洋楽と、海外リゾート地のお店をほうふつとさせるようなバーカウンターとネオンサイン。店内に2つ置かれた大画面に映し出される、海外の白い砂浜と青い海。そうなんです、こちらのお店はハワイをはじめとする海外リゾート地をモチーフにしたお店なんです。

本格ハンバーガーとクラフトビール。気分は旅人!

メニューももちろん、ハワイ的なものがそろっています。ハンバーガー、ロコモコ、ガーリックシュリンプ…。そしてクラフトビール!ハワイで人気のロングボードやビッグウェーブの瓶があるほか、「今日のクラフトビール」ということで生ビールのラインナップもいくつかあります。この日は休日の昼下がりということで「アボカドチーズバー」(1,400円)と「常陸野ネストビール」(850円)を注文。バーガーのこのボリューム、たまりません!バンズは適度にトーストされていて表面がサクサク。大口を開けてかぶりつくと肉汁がほとばしって、もう幸せ!

お一人様からデートからファミリーから飲み会まで、用途色々!

こちらのお店はカウンター、テーブル席の他に座敷もあります。カジュアルなランチやカフェから、気の合う仲間でワイワイガヤガヤの飲み会にもぴったり。つまみメニューも充実しているので、いろんな用途に使えそう。お子様用のランチセットもあります。

お客様に愛されるイケメン店長

そんな素敵なお店の中心にいるのはイケメンの店長さん。この日も、「店長に合いたくてわざわざタクシーで来ちゃったのよ」というお客さんの声が聞こえてきました。店長とこのお店がどれだけ愛されているのかを表すものがもうひとつ。それはレジの前に貼ってある虹とケーキとハンバーガーが描かれた絵。実はこれ、お店が7周年を迎えたことを記念して、近くに住む7歳の子供がプレゼントしてくれたものだそう。このやり取りがきっかけで、そのこと店長はすっかりお友達になったそうです。木場公園にある、愛にあふれたリゾートカフェ&バー。ぜひいらっしゃってくださいね!

Cafe&Bar Field
代表者 岩元 宏康 さま
所在地 135-0022 東京都江東区三好3-3-17
最寄駅 都営バス(業10・東20)「東京都現代美術館前」より徒歩10秒
「清澄白河駅」より徒歩9分、「木場駅」より徒歩15分
TEL 03-6458-8300
WEB tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13111418/
営業時間 [月~土]11:30~24:00、[日・祝]11:30~22:00
定休日 無休

関連記事

  1. お台場のseaside cafe SOLARiSに行ってみた
  2. 阿佐ヶ谷にある「珈の香」に行ってみた
  3. 本八幡にある「アンジュール・カフェ」にいってみた
  4. 湯島にある「サカノウエカフェ」に行ってみた
  5. 鎌倉にある「Cafe610」に行ってみた
  6. 金町にある「純喫茶アラスカ」にいってみた
  7. 押上にある「しげの珈琲工房」に行ってみた
  8. 原宿のレボンゴレに行ってみた

ピックアップ記事

  1. Cafe Blanco 井口 直之さま
  2. Cafe海遊魚さん看板
PAGE TOP