〇〇にいってみた!

原宿のレボンゴレに行ってみた

ラフォーレや東急プラザが立ち並ぶ原宿・神宮前交差点。ここから渋谷駅方面に1分ほど歩いたところに、ボンゴレの絶品パスタを出してくれる名店があります。約20年間も守られて来た味は、2018年3月末でいったんお預けになってしまいますが、この味がまた復活すると信じて記事を書きます。

喧騒を忘れてイタリアへ小旅行

原宿にあるレボンゴレは、ちょっぴり不思議な空間。外は慌ただしい原宿の街なのに、お店の前のグリーンやテーブル席は、どこかバカンスのようなゆとりある雰囲気。その様子に惹かれてお店に入ると、あちこちにイタリアの絵画やアルコール。まるでイタリアに来てしまったかのような、陽気でゆとりのある空間です。テーブルは2人がけが5組、4人掛けが1組と、決して広くはない店内なのですが、店の正面と奥が両方入り口になっていてガラス張りで外が見えるせいなのか、圧迫感もなく、むしろ明るくて広々感じる店内です。

ウリは何と言ってもボンゴレ!

お店の名前になっているくらいですから、もちろん注文はボンゴレ! ボンゴレとは、二枚貝を使ったイタリアのパスタ料理のことです。二枚貝と言ってもいろいろありますが、日本では一般的にアサリのことを指しますね。この日は「ボンゴレ ロッソ」のランチセット(1000円)を注文。パスタの他に、ミニサラダとドリンクがついて来ます。「ロッソ」はイタリア語で「赤」。綺麗なトマトソース色のボンゴレパスタが、かわいい貝のお皿に乗って来ました。すっごくいいダシが出ています。それがトマトの深い甘みと合間って、口の中に幸せが広がります。

イタリアのアルコールも楽しめる

こちらのお店、アルコールももちろんイタリア推しです。シチリア産のレモンを使ったモレーナのレモンビールや、イタリアNo.1ビールメーカーであるペローニのビールや、リモンチェッロのレモンリキュール。もちろんイタリアンワインもありますよ。聞けばオーナーは10年以上イタリアに住んでいた経験があるとのこと。料理が美味しいのはもちろんですが、お店の雰囲気まで陽気でイタリア風なのも納得です。

またこのボンゴレを食べられると信じて

こんなにステキなお店に巡り会えたのに、なんとこちらのお店、再開発の関係で2018年3月末で閉店予定とのこと。前のお店から数えることもう20年以上イタリアの美味しい味覚を広めて来たというのに、残念でなりません。4月以降のことは未定。もしどこかいい場所がみつかれば……と、オーナーも残念そうでした。いつかどこかで、またこの味に会えると信じて待っています。ごちそうさまでした!

レボンゴレ
代表者 藤沼 克枝さま
所在地 〒 150-0001 東京都渋谷区神宮前6-29-5
最寄駅 東京メトロ明治神宮前(原宿)駅徒歩1分、JR原宿駅徒歩8分
TEL 03-6427-7641
WEB le-vongole.jp/
営業時間11:00~20:00
定休日 不定休

関連記事

  1. 鎌倉にある「Cafe610」に行ってみた
  2. 阿佐ヶ谷にある「珈の香」に行ってみた
  3. 清澄白河にある「Kuudle cafe」に行ってみた
  4. 清澄白河にある「Cafe de kousaian」に行ってみた
  5. 上町にある「ロンアンドメリー」に行ってみた
  6. 本郷三丁目にある「金魚坂」に行ってみた
  7. 用賀にある「ビーンズ・デポ」に行ってみた
  8. 三軒茶屋にある「ウディック」に行ってみた

ピックアップ記事

  1. Cafe Blanco 井口 直之さま
  2. SHIBACOFFEE店主 柴田剛さん
PAGE TOP